1. 分类
  2. 沙龙国际
    1. CCtalk
    2. 沪江开心词场
    3. 沪江听力酷
    4. 沪江小D词典
    5. 虎将题库
  3. 沪江首页
  4. CCtalk
  5. 选课中心
  6. 加入收藏
  1. 登录 免费注册

2018.04.29【日译中】【小说】ナミヤ雑貨店の奇跡 第一章 2-015

空际 (sora) 译坛英杰
91 0 1
发表于:2018-04-29 15:53 [只看楼主] [划词开启]



第一章 回答は牛乳箱に回信放在牛奶箱里


「何だよ、たまにはって」“什么偶尔也不错”「だってさ、ふつうなら俺たちが誰かの悩みを聞くなんてことないだろ。俺たちになんか誰も相談しようとしない。たぶん一生ないぜ。これが最初で最後だ。だから一回ぐらいいいじゃないかってこと」“因为一般也没谁会向我们倾诉烦恼啊。也不会找我们这样的人商量啊。也许一生都不会再有这种情况了。这是第一次,也是最后一次。所以,偶尔这么一回不是也挺好的嘛”ふん、と敦也はまた鼻を鳴らした。「そういうのを身の程知らずっていうんだ。」哼,敦也冷笑了一声。“你这就叫做没有自知之明。”幸平が戻ってきた。幸平回来了。「牛乳箱の蓋が固くて参ったよ。ずいぶん長い間、使われてないじゃないかなあ」“牛奶箱的盖子好难打开。可能是因为太久没用过了”「そりゃそうだろ。今時、牛乳配達なんてーー」ない、といいかけたところで敦也は言葉を切った。「おい、幸平。おまえ、手袋はどうした」“肯定啊,现在哪里还有人送。。。。”敦也话还没说完便停了下来。“喂,幸平。你的手套呢”「手袋?それならここにあるよ」テーブルの上を指した。“手套?在这里啊”他指了指桌上。「おまえ、いつの間にか外したんだ」“你什么时候把手套摘了?”「手紙を書く時。だって、手袋を嵌めてたら、字を書きにくいから。。。。。。」“写信的时候。因为戴着手套不好写字。。。。。”「馬鹿野郎っ」敦也は立ち上がった。「便箋に指紋が付いたかもしれないだろ」“你个笨蛋”敦也站起身来。“信纸上弄不好会留下指纹的”「指紋?何かまずかった」“指纹?怎么了吗?”とぼけた顔で訊く幸平の丸い頬を、敦也は引っぱたきたくなった。看着幸平傻乎乎的大圆脸,敦也真想抽他两巴掌。「いずれ警察は、俺たちがここに潜んでたことに気づく。もし牛乳箱の返事を「月のウサギ」とかいう女が回収しなかったらどうなる。指紋を調べられて、一発でアウトだ。おまえ、交通違反で指紋を採られたことがあるだろう」“警察早晚会注意到我们藏身在这里的。万一牛奶箱里的回信那个叫‘月之兔’的女生没有拿走怎么办。警方只要一查指纹就完蛋了。你这家伙之前因为会犯交通在警局留过指纹对吧”「あ。。。。たしかに」“啊。。。。是有”「ちっ、だから余計なことをするなといってるのに」敦也は懐中電灯を掴むと、大股で台所を横切り、裏口から外に出た。“啧,所以我叫你们不要多管闲事了”敦也一把抓起手电筒,大步走过厨房,从后门走了出去。牛乳箱の蓋はぴったりと閉じられている。幸平がいうように、たしかに固い。それで力ずくで開けた。牛奶箱的盖子盖的紧紧的。就像幸平说的一样,卡的很紧。敦也用力打开它。敦也は懐中電灯で照らした。ところが何も入っていない。他用手电筒照了照箱子里面,什么东西都没有。裏口の扉を開け、中に向かって問いかけた。「おい、幸平。おまえ、どこに入れたんだ」幸平が手袋を嵌めながら出てきた。于是他打开后门,对着里面问。“喂,幸平。你这家伙把回信放哪儿了”,幸平一边带着手套一边走了出来。「どこって、そこの牛乳箱」“什么哪里啊,就是那个牛奶箱里面啊”「入ってねえぞ」“里面没有啊”「えっ、そんなはずは。。。。。。」“啊?怎么可能。。。。”「入れたつもりが、落っことしたんじゃねえか」敦也は懐中電灯で地面に照らした。“你是不是以为放进去了,但其实是掉了啊”敦也用手电筒照着地面。「絶対にそんなことないよ。たしかに入れたって」“不可能。我肯定我放进去了”「じゃあ、どこへ消えたんだ“那它哪儿去了啊”さあ、と幸平が首を捻った時、どたどたと駆け寄る足音がして、翔太が出てきた。这个嘛,幸平歪着头纳闷时,传来一阵啪嗒啪嗒的脚步声,翔太从屋里走了出来。「なんだ、どうした」敦也が訊いた。“怎么了?发生什么事了吗?”敦也问。「店のほうで物音がしたから様子を見に行ったら、郵便用の小窓のしたにこれが落ちてた」翔太が青ざめた表情で差し出したのは、一通の封筒だった。“我听到店门那边传来了声响便过去看了一下,结果在邮件投递口下方发现了这个”翔太一脸铁青的递上一封信。敦也は息を呑んだ。懐中電灯を消し、足音をたてぬよう、ゆっくりと家の脇を通った。物陰から、こっそりと店の前を覗いた。敦也倒吸了一口气。关上手电筒,蹑手蹑脚的慢慢地走过房子边的小巷,躲在房子的影子里,偷偷地窥探店门前。しかしーー。但是——。そこに人影はなかった。誰かが立ち去った気配もなかった。前面一个人影都没有。也不像是有人刚离开的样子。
最后编辑于:2018-04-29 15:53
本帖来源社刊
  1. ナミヤ雑貨店の奇跡
    ナミヤ雑貨店の奇跡 あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は……。 物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。 すべての人に捧げる、心ふるわす物語。 下一期:ナミヤ雑貨店の奇跡 第一章 3-001 上一期:ナミヤ雑貨店の奇跡 第一章 2-014
分类: 沙龙国际
    你需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

  1. 1
    点赞
  2. 收藏
  3. 扫一扫分享朋友圈
    二维码
  4. 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开 保存
知道了

复制到我的社团

沙龙365