1. 分类
  2. 沙龙国际
    1. CCtalk
    2. 沪江开心词场
    3. 沪江听力酷
    4. 沪江小D词典
    5. 虎将题库
  3. 沪江首页
  4. CCtalk
  5. 选课中心
  6. 加入收藏
  1. 登录 免费注册

2018.01.27【日译中】【小说】夏と花火と私の死体 四日目 25(完结)

空际 (sora) 译坛英杰
574 8 1
发表于:2018-01-27 14:25 [只看楼主] [划词开启]


夏と花火と私の死体乙一

「まかせなさい。秘密の死体の処理にはけっこう慣れてるのよ。君を警察にも誰にも渡したりしないからね、安心してちょうだい」交给我吧。处理秘密的尸体这种事我已经习惯了。我不会把你交给警方或者其他人的,放心吧! そして紅《あか》い唇《くちびる》で笑みの形を作り、緑さんは健くんの頬《ほお》を優しく指でなぞった。紅いマニキュアの塗られた爪《つめ》が、いやらしく健くんの頬を滑ってゆく。然后小绿姐姐的红唇嘴角上扬故作微笑,温柔的用指尖戳了一下小健的脸颊。涂着红色指甲油的指甲划过小健的脸颊,那感觉令人讨嫌。 そして次の言葉を誘うように健くんの瞳を覗《のぞ》きこんだ。接着,她像是在诱导接下来的话一样凝视着小健的眼睛。「尊敬した」我很敬佩你的,小绿姐姐。 健くんはそんな言葉を元気に放った。小健爽朗的说。 緑さんは感激したように、嬉しそうにその体を抱き寄せた。そして健くんの息が詰まるほどに自分の胸に顔を埋めさせる。小绿姐姐感激的一把搂过小健。让小健窒息般地把他的脸按进自己的胸口。 体の奥が熱くなっていくのが緑さんにもわかった。そして考える。绿姊姊自己也知道体内的深处热了起来,然后她想 ――これでわたしの悪い癖とも別れることができるかな……。——这样一来,我也能跟我的坏习惯说再见了吧……。 そんな二人の会話を弥生ちゃんはじっと目を閉じて聞いていた。とうとう弥生ちゃんはわたしを殺したことを言わずじまいだ。わたしが木から落ちて死んだと嘘《うそ》をついていれば弥生ちゃんは罪に問われなかったかもしれない。そんな嘘すら親たちに言えなかったのは、弥生ちゃんの場合、負《お》い目《め》があって怖《こわ》かったからだ。自分が殺してしまったことがばれるのではないかと考えていたのだ。在一旁的弥生一直闭着眼听着他们的对话。最终还是没有将是弥生杀了我这件事说出来。如果谎称我是从树上跌落下来摔死的,也许弥生就不会被问罪了。因为弥生的内疚与恐惧,才没有把这个谎言告诉父母。她担心是她杀了我的事实可能会因此曝光。 お宮の境内《けいだい》に秋の風が吹き抜ける。もう冬なのだろうか、その風は少し冷たく感じる。風は秋色の木の葉を舞い散らせ、階段に座った三人の上にも降らせた。神社院内秋风萧瑟。冷风微寒,已经要到冬天了吗。寒风卷起秋色的树叶,飘落在坐在楼梯上的三人的身上。 健くんの髪の毛に引っかかった枯れ葉を取ってやりながら、緑さんは優しく天使のように微笑《ほほえ》んだ。今まで自分のしてきた罪深き行ないを思い出しながら、自分の心の奥底に眠る小悪魔にそっくりの男の子を体に感じながら。小绿姐姐伸手捻起钩在小健头上的枯叶,露出像天使般温柔的笑容。一面回想起自己至今为止罪孽深重的种种行为,一面用身体感觉著这个肖似沉睡在自己心底的小恶魔的男孩。 あの穴は昔の人の手抜き工事だったのだろうか。戦前はその上に立派なやしろが建っていた石垣はあらかたその姿を取り壊され、今、ひとつの時代が流れ過ぎようとしていた。那个洞穴,是以前的工人偷工减料所留下的吗战前上面曾建筑著宏伟社殿的石墙,此刻大致已被拆除如今,一个时代就要过去。 石垣と共に眠っていたであろう、それぞれの時代の子供たちの思い出は秋の風に包まれて、まるで夏のはかない夢物語だったかのように消えてゆく。各个时代的孩子们的回忆都被秋风包裹,与石垣一起长眠了吧,像是夏日没有实现的梦随风逝去。 そんな光景を、まだわたしのサンダルを隠したままの木の階段の上、やしろに祭られた神様の前に座って眺めながら、三人の罪深い人間は静かに微笑んでいた。三个罪孽深重的人们坐在依然藏着我的拖鞋的木梯上,在社殿里祭祖的神明面前,望著这副情景,静静地微笑著。 自分たちにやって来るはずの未来に、自分たちから去っていった子供の日々に……。正对着他们即将迎接的未来,和已经逝去的孩提时光。。。。  わたしは緑さんに連れられて、この寒い所にやって来ました。我被小绿姐姐带到了这个寒冷的地方。 ここはアイスクリーム工場の冷凍設備つきの倉庫。誰もやってこないようなその奥底にわたしは連れてこられたのです。这是冰淇淋工厂带有冷冻设备的仓库。她把我带到了像是不会有人来的仓库最里面。 事実、ここに足を運んでくる人間は緑さん以外にいません。可事实上,来这儿的人除了小绿姐姐以外就没有其他人了。 一年中冬の、季節という時間の流れのないその場所。生命のある者は一日もいれば凍死してしまうでしょう。这里一整年都是寒冬没有季节交替。有生命的物体若是在这里待上一天,一定会被冻死吧。 でもわたしはちっとも寂《さび》しくなんかありません。可是我一点都不孤单。 なぜなら、ここに来てお友だちがたくさんできたのだから。因为,来这之后我交了许多新朋友。 みんな男の子で、どこかしら健くんに顔が似ています。そしてわたしと一緒に『かごめかごめ』をして遊んでくれます。朋友们都是男生,长相都与小健有点相似。然后,我们一起玩“灯笼眼”。 みんな青白い顔をしているけれど、わたしはそれでもみんなと楽しく遊んでいます。虽然大家都脸色惨白,但我还是跟他们玩的很愉快。 わたしと、その誘拐《ゆうかい》されてここに連れられてきたお友だちの歌う『かごめかごめ』の歌は、工場の倉庫に荒涼《こうりょう》と、寂しく響いてゆくのでありました。我,和那些被绑架到这里来的朋友们唱着“灯笼眼”的歌声,在这个工厂的仓库里凄凉的回响着。




最后编辑于:2018-01-27 14:25
本帖来源社刊
  1. 夏と花火と私の死体
    夏と花火と私の死体 乙一出道作品、恐怖小说,曾获第6次JUMP小说非虚构作品大奖(集英社)。九歳の夏休み、私は殺されてしまったのです……。少女の死体をめぐる兄妹の暗黒の冒険。斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、天才少年・乙一のデビュー作、ついに文庫化。(解説・小野不由美) 上一期:夏と花火と私の死体 四日目 24
分类: 沙龙国际
全部回复 (8) 回复 反向排序
    你需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

  1. 1
    点赞
  2. 收藏
  3. 扫一扫分享朋友圈
    二维码
  4. 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开 保存
知道了

复制到我的社团

沙龙365